The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
木村吉二郎 冬の装束 五着目
2016-02-29 Mon 21:20
本日、春場所の番付が発表されました。
大清峰と翼雄星が自己最高位を更新しております。
今場所も応援をよろしくお願い致します。

木村吉二郎、冬の装束五着目はこちらです。

吉二郎冬装束5

こちらも第三十四代 木村庄之助親方からお譲り頂いたものです。

吉二郎冬装束5-2

まばゆい黄金色の装束で、一部光沢のある糸が使用されています。

吉二郎冬装束5-3

近くで見ると織り柄も入っており、煌びやかな一着です。

次回は第三十代 式守伊之助親方よりお譲り頂いた装束をご紹介します。
スポンサーサイト
別窓 | 装束コレクション | コメント:0 | トラックバック:0
木村吉二郎 冬の装束 四着目
2016-02-15 Mon 22:45
更新が空いてしまい申し訳ありません。
木村吉二郎、冬の装束四着目はこちらです。

吉二郎冬装束4

こちらは第三十四代 木村庄之助親方からお譲り頂いたものです。
長身の行司さんでしたので、吉二郎はその装束を何着か譲り受けています。

吉二郎冬装束4-2

近くで見ると箔のように輝く糸が一部で使用されており、きらきらと光を反射します。
とても綺麗な装束で人気も高い一着だそうです。

次回も庄之助親方より譲られた装束をご紹介します。
別窓 | 装束コレクション | コメント:0 | トラックバック:0
木村吉二郎 冬の装束 三着目
2016-02-03 Wed 18:49
更新が空いてしまい申し訳ありません。
木村吉二郎、冬の装束三着目はこちらです。

吉二郎冬装束3

こちらは稀勢の里関の大関昇進時に贈られたものです。
吉二郎曰く、この装束の見どころは全体に描かれた「稀勢の里」の文字とのこと。

吉二郎冬装束3-2

この文字は高田川部屋の(十一代目)式守勘太夫さんのものなのですが、
生地作成の都合上、通常の文字を裏返した裏書きの形で書かねばならないそうです。
とても難しいことで、吉二郎も尊敬していました。

次回は第三十四代木村庄之助親方より譲られた装束をご紹介します。
別窓 | 装束コレクション | コメント:0 | トラックバック:0
木村吉二郎 冬の装束 二着目
2016-01-26 Tue 16:34
初場所中はたくさんのご声援を有難うございました。
引き続き、装束のご紹介をさせて頂きます。

木村吉二郎、冬の装束二着目はこちらです。

吉二郎冬装束2

吉二郎冬装束2-2

こちらも琴奨菊関の大関昇進時に贈られた装束で、
昨年の2月に定年退職された木村玉光さんから吉二郎へ譲られたものです。

同じ柄ですが、色の違いで印象ががらりと変わります。

次回は稀勢の里関の昇進時に贈られた装束をご紹介致します。
別窓 | 装束コレクション | コメント:0 | トラックバック:0
行司 木村吉二郎 冬の装束 一着目
2016-01-23 Sat 16:07
十両格以上の行司さんの装束は、
初場所(1月)、春場所(3月)、九州場所(11月)で着用する冬の装束と、
夏場所(5月)、名古屋場所(7月)、秋場所(9月)で着用する夏の装束があります。

現在開催中の初場所では冬の装束を着ています。
夏物と比較すると厚みがあり、しっかりした生地です。

芝田山部屋に所属する十両格・木村吉二郎が土俵上で着用している
冬の装束を一着ずつブログ上でご紹介致します。
テレビではなかなかわからない、美しい織りにもご注目ください。


本日、ご紹介するのはこちらです。

吉二郎冬装束1

こちらは琴奨菊関の大関昇進時に贈られた装束です。
濃い紫色の生地に金色の大関の四股名と、その名に因んだ菊の花の織りが入っています。

吉二郎冬装束1-2

吉二郎は十両格昇進披露の際にこちらを着用しました。
とても着やすく、基本の一着とのことです。

次回は、こちらの色違いをご紹介致します。
別窓 | 装束コレクション | コメント:0 | トラックバック:0
| 大相撲 芝田山部屋ブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。