The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
行司 木村玉光 夏の装束 一着目
2014-07-23 Wed 18:00

十両格以上の行司さんの装束は、
夏場所(5月)、名古屋場所(7月)、秋場所(9月)で着用する夏の装束と、
初場所(1月)、春場所(3月)、九州場所(11月)で着用する冬の装束があります。

現在開催中の名古屋場所では夏の装束を着ています。
冬物と比較して薄く、重量も軽く、若干透け感のある生地です。

芝田山部屋に所属する木村玉光、木村吉二郎が土俵上で着用している
夏の装束を一着ずつブログ上でご紹介致します。
テレビではなかなか映らない、美しい織りにもご注目ください。


今回は三役格・木村玉光の夏の装束(一着目)です。

玉光夏装束1

こちらは大乃国(現在の芝田山親方)の昇進時に贈られた装束です。
淡い紫色の生地に、親方の出身地北海道に因んだ雪の結晶柄と親方の家紋が入っています。

玉光夏装束1-2

優しい色で女性からの人気も高い装束です。

明日以降も順番に紹介して参りますのでお楽しみに
スポンサーサイト
別窓 | 装束コレクション | コメント:0 | トラックバック:0
<<行司 木村玉光 夏の装束 二着目 | 大相撲 芝田山部屋ブログ | 芝田山会稽古総見>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大相撲 芝田山部屋ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。